2016年5月29日日曜日

伝統工芸  桐細工 宇治茶屋仕様  取り扱い



軽量化

加工の しやすさ

桐材 を 選択





木目 は クロス させて はりあわせ

プラまな板 を ラミネート

抹茶色


構造的な 強度を 確保










利き手を 選ばない シンメトリカル デザイン










バリ島 土産 のように 仕上げる

職質の 指摘に 対応するべく カモフラージュ






とりあえず 水性シャシクリア で 塗装


表面強度を 確保したいので  エポキシ処理を ほどこしたほうが


よろしいかと おもいます

                        




紙粘土弾

セメントボール のような 硬度


窒素 8パーセント

燐酸 8パーセント

カリ  8パーセント

配合

園芸 スペシャル



利き目 の ほうで

弾を ひきます

ゴム は 中強度 の セラバンド                         ツイストではありません



引きの 軽さ と 威力の バランス

テーパー形状の ラバーバンド

10メーター  4枚重ねの ダンボールを 軽く打ち抜く

フリップショット

プルバック

テクニックを マスターすることで

更に 弾速が あがります

海外の サイトで 研究 製作


以上 よろしく おねがいいたします







悪を 討て












0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。